魔法のセミナー講師養成講座 〜魔法の表現力講座シリーズ〜

魔法のセミナー講師養成講座

 

アナウンサー講師や話し方教室とはひと味違う!

●パーティーでの自己紹介スピーチが
聞いてもらえない理由


ある時のことでした。私は友人のお供で、あるパーティーに出かけました。

知り合いは友人以外にはいないため、
70名以上いた参加者の誰一人から名刺交換を求められることもなく、
また、私自身も積極的に立ち回りはしませんでした。

しかし、「自己紹介タイム」である事をして
たった10秒で私の周りの世界を変えてしまいました。

そのある事とは・・・。

壇上には10人のスピーカ。そのうち9人は自己紹介というよりも
「自分の話したい事」「自分のやっている事」の売り込みばかり。

あなたも経験ありますよね。

パーティーや披露宴で
乾杯までの話が長くしかも自慢話ばかりでうんざりした事が。

名刺交換や自己紹介ってこういったミスマッチを犯してしまいがちですよね。

自分の言いたい事や、売り文句ばかりを並べて相手の聞きたい事を言わない。

その結果、損をしている事に気が付かない。
折角のチャンスなのに実にもったいないと思います。

●私にマイクが回ってきた時、みんなはウンザリしていました。
しかし、その10秒後・・・


その自己紹介タイムもそんな感じで9人目まで進み、
会場内は「もういい加減にしろ」という雰囲気が漂っていました。

そんな雰囲気を変えるべく私はある言葉を使ってわずか10秒で会場の人を、
全員、自分の方へ目を向けさせたのです。

その言葉とは・・・

この講座でお伝えしている「擬音語・擬態語」。
この言葉を使ってわずか10秒で会場の雰囲気を一変させました。

擬音語・擬態語は知っている。しかし、一体どうやって会場の人を惹き付けたのか?
その具体的な使い方は講座の中でお伝えするので楽しみにしていて下さい。

私の話は時間にして、ぴったり60秒。
きっちり1分で終わりました。

実は、私は壇上で自分の名前を一言も言いませんでした。
こんな状況では誰も名前なんて覚えられないからです。

自分の名前を言い挙げる1秒を友人のために使いました。
セミナー講師を15年もやっていると1秒増えれば、1つの情報を入れられるようになるからです。

気がつくと、私の周りには20名くらい人が名刺交換を求める輪ができていました。

「お話が群を抜いてお上手でした!」
「惹きつけられました。いったい何のお仕事をされているんですか?」

そこで私は名刺交換をしながら、初めて言います。

「セミナー講師をしています、松本賢一です」

と。

●セミナー講師の仕事は、聞き手の心を動かすこと


私が壇上で心掛けたこと。それは聞き手の感情を動かすことでした。
感情が動いた結果が、名刺交換の輪に繋がったのです。

感情を動かせば、人は自然と集まってくる。
心が動けば、相手のことを忘れないようになる。

すると

「また、あの先生の話が聞きたい!」

と受講者からリクエストをもらえるようになります。
つまり、こちらから営業をかけなくても講師の依頼が来るようになります。

これは自慢に聞こえたら申し訳ないのですが、
私はこのようなやり方で、長いところでは足かけ7年間、
毎年途切れることなく、リピートの依頼をいただいています。

さらに講師としての質を高めていけば、この先10年、20年と依頼をいただくことも夢ではないでしょう。

ところが、いざ、講座でしっかりと伝えたつもりなのに、
思っていたより反応が良くなかった。

受講生の大半が反応することもなく、質問もでてこなかった。
伝わっているのか、そうでないのか、よく分からない。

そんな経験はありませんか?

講座の内容は理解できているようだ。でも、反応がイマイチ。
そんな時、もしかすると、あなたの話し方には

【惹きつけるもの】

がないのかもしれません。

このままで、いいのでしょうか?
淡々と進んでいくよりも、もっと、手応えのある講座をやってみたいとは思いませんか?

講師として駆け出しの頃の私も同じようなことで悩んでいました。
そして、15年間の歳月を経て、人を惹きつける講師には、次の5つの能力が必要だと分かったのです。

1.「専門力」

〜分かりにくいこと、難しいことを、分かりやすく、興味深く〜

その道のプロだからこそ、受講者はお金を払って聞きに来ます。
「分かりやすい!」と言ってもらえるためには、専門力を砕いていく必要があります。

2.「構成力」

〜マクラ(つかみ)・本題・オチの構成を知れば、退屈な講義も劇的に変わる〜

聞き手を眠くさせないためには、どのような順番で伝えればいいか。
相手の心にスーッと入っていく方法をお伝えします。

3.「状況把握力」

〜ここぞという時には、思い切って話題を切り替える!〜

聞き手が退屈をしてそうだったら、大胆に別のネタを話しましょう。
「2時間、飽きることなく、集中して聞くことができました」
そう言ってもらえるためには、いくつもの切替ネタを持っておく必要があります。

4.「伝える力」

〜聞き手につばを湧かせるくらいの表現力を持つ〜

料理を「美味しい」と言わずに、どれだけ美味しさを伝えることができるか。
自分が感動した話を、「ふ〜ん、それで?」と言わせないためにはどうすればいいか。
擬音語・擬態語の効果的な使い方をお伝えします。

5.「惹きつける力」

〜ここぞ!という時にたたみ込む話し方で惹きつける〜

日本語の持つリズムとテンポを駆使すれば、聞き手を惹きつけることができます。
ゆっくり話すところと、たたみ込んで話すところ。この二つのメリハリです。
では、どのようにして惹きつける力を習得すればいいのか。その方法をお伝えします。

●本当のセミナー講師は新しいムーブメントを
起こしていく役割を持っている


自慢に聞こえたら申し訳ないのですが、私はこれまでに
講師としての年収が1000万円を超えたことが、何度かありました。
さらにお陰様で、商工会連合会では、受講者満足度1位の講座を生み出した講師としても名前が通るようになりました。

しかし、その間、物足りなさを感じていたのも事実です。
講師としてどれだけスキルアップしていっても、この物足りなさは消えませんでした。

そんなある日のことです。
新潟にお住まいで10年来のお付き合いがある、加藤昌樹さんからこんなメッセージが届きました。

「松本君、本当のセミナー講師はね、自分が動く事で新たな雇用を生むんだよ。

例えば、松本君のセミナーに参加した人がいて、その人が成果を出した。
すると君はその人のホームページやブログなどを
あちこちで呼ばれた講座で話をする。その人を紹介するわけだ。

そしてその人の商売が上手く行き、その人が新たに人を雇ったり、
新たなプロジェクトを立ち上げて雇用が生まれる・・・

セミナー講師というのは、そのような役目を担っていると僕は思うんだ。

だってあるセミナーに行って講師が面白くなくて、
その分野にネガティブな印象を持ってしまったらもったいないよね。

受講者満足度1位という肩書きだけにとどまらず、
全国のセミナー講師の質を高めるために、
そろそろ君もなにか取り組んでみたらどうだろう?」


「自分のためではなく、自分を中心として新しいムーブメントを生んで行く。これが本当のセミナー講師」
そう言われて、私は目が覚めるような思いでした。

雇用が増えれば、また、講師としてリピート依頼がいただける。
すると必然的に講師としての収入も増える。
もっといい講座をしようという人間的な成長にも繋がる。

そこから私は、人様の雇用を生み出すことで、自らの収入もアップさせるような、
そんな講師をたくさん生み出していきたいと思うようになったのです。

正直、かなり悩みました。でも、今は本気です。

そのために「魔法のセミナー講師養成講座」をスタートさせようと決めました。

正直、この受講価格が高いのか、安いのか私には分かりません。

こんなカリキュラムで教えているところを、私は他には知りません。

養成講座ではスキルアップのための内容に加えて、
これまでに私が取り組んできたこと、成功したこと、失敗したこと。
講師派遣会社に頼らなくても、クチコミでリピート依頼をいただけるようになるために、
受講生から圧倒的な支持を得るための必要な考え方と行動力、
そしてなによりも大切にしている「心」について学んでいただきます。

私からすべてを聞き出してください。出し惜しみはいたしません。

●あなたの講師人生がガラッと変わる!


講師の仕事は自分ひとりの力で実現することはできません。
必ず聞き手・受講者が心を開き、聴いてくれる姿勢が必要です。
そのためには聞き手を惹きつける「力」が必要です。

この力を手に入れれば、あなたの講師人生はガラッと変わります。

主催者からは「ありがとうございました」「また、お呼びしたいです」と感謝され

受講生からは「もっと聞きたかったです」「感動しました」との声をいただき

懇親会ではあなたを中心にテーブルが用意され

飲み会の席では、質問攻めに、写真攻めに、名刺交換攻め!がずっと続きます

別れ際には握手やハグを求められ、時には胴上げをされることもあり

その時、あなたは思います「ああ・・・この仕事をしていて良かったな」と

ホテルに戻りシャワーを浴びて寝る前も、そして翌朝、起きてからもその余韻は続き

そして、また、あなたを必要としている次の場所へと足を運ぶ・・・そこでまた、感動が生まれす

講座後も、フェイスブックなどで受講者から「売上が上がりました」「結婚しました」との嬉しい報告をいただき

さらには、あなたの町へ受講生が訪れる際には「先生、お会いしたいです」との連絡が

これに加えて、講師料もいただける

こんなにいいお仕事はない!と私は思います。

●一流のキラキラした講師になる


最後に。

講師の仕事がうまく行かずに悩んでいる時、
私の落語の師匠、林家花丸師匠が次のような言葉をかけてくれました。

 

「反応が欲しい、笑いを取りたい。
それは分かるけども、そういう時ほどギラギラしているんです。
そうやなくて、キラキラした話し手になりなさい」

 

キラキラしたあなたを待っている人がいます。
キラキラしたあなたの言葉を受け止めてくれる人がいます。
キラキラしたあなたしか伝えられないメッセージがあります。

講師は憧れられる仕事です。
あなたも虚飾ではなく、心の内側からキラキラ輝いている講師になってみたいと思いませんか?

<ご注意を!>

この講座では、人前に出て話をしていただくワーク中心の講座になります。
そのため、慣れていない課題では、恥をかくこともあるでしょう。

普段は「先生」呼ばれているのに、そんな恥さらしなことはしたくない・・・

そう思われるのは無理もありません。

ですが、セミナー講師は評価が全てです。
いくら人柄が良くても、肝心の中身に惹きつけるモノがなければ、それは商品として成り立ちません。

セミナー講師という「売れる商品」を作り上げていくためにも、
参加者からのフィードバックが必要になります。

その場合、耳の痛いことも指摘されるかもしれません。
ですが、それを肥やしにして、前へ前へと進んでいただきたいのです。

状況によっては、私もワークに参加をして、皆さんの前で発表するかも知れません。
その場合、うまく行かないこともあるでしょう。私はそれでいいと思っています。

完璧な講師であると振る舞うよりも、私自身も人前で話し、失敗し、
またそこから学んでいっている人間だと知っていただくことの方がより有益だと思うからです。

自ら学ぶことを止めない。だからこそ、「先生」と呼ばれる。
私はそう思うのです。

 

あなたがこの「魔法のセミナー講師養成講座」を受けると、
こんなにいいことが起きます。

受講生があなたの考え、想いに共感してくれます

クチコミで依頼を受けられるようになります

「来年もまた来て下さい」と言われるようになります

講師としてやっていける自信が付きます

日本語独特の「間」を学び、確実に自分のものにすることができます

いままでにない集中力を高めることができます

あなたが行くとなったら、あっという間に受講生が集まるようになります

サインをねだられたり、写真を撮られたりします

誕生日などにプレゼントが届くことも起きるようになります

受講生から身の上話をされることもあります(信頼されている証です)

これまでの数倍の講師料をいただくことができます

相手によって話を変えることができるようになるため、対象者がグッと増えます

講師の回数が増えると、書籍の事例が豊富になります

フェイスブックやツイッターで自然にフォロワーが増えていきます

テレビや雑誌での取材・インタビューを受ける可能性がはるかに大きくなります

あなたの名前だけで人が集まる、そのきっかけとなります

「落語風のコミュニケーション学」とも呼ばれる講座なので楽しく学べます

 

最後に。

「魔法の表現力講座」は「惹きつける力」を手に入れて、その力を使って「あなたの夢を叶える」ための講座です。
笑いあり、涙あり、そして学びありの講座に参加して、あなたの夢をぜひ実現して下さい。

相手に伝わった時の心地よさ、
聞き手を魅了し惹きつける快感を味わってみませんか?


お申し込みはこちらから

 

カリキュラム

日本人に合った表現法の理論と実践を全3回で身につけていただきます。
課題・宿題をどんどんやっていただき、次の回で実践報告・実際の発表をしてもらうタイプの塾です。
座学だけでは終わりません。セミナー講師としての圧倒的なスキルをしっかりと身につけていただきます。

講師 松本賢一どれも実践済み!
実際に私たちセミナー講師たちが行っている即効性のあるプログラムばかりを選びました。
日本語の特性を生かした内容ですので、慣れれば口べたな人でも魔法のように変化が起きます!

 

第1回 相手の望みをストーリーで描く

 

 

  • 〜即興組み立て術 導入、本題、オチ〜

  • 1.相手に伝われば世界が変わる夢を叶える魔法の表現力
  • 2.日本人は自己表現が下手という誤解を解く日本人に適した表現とは
  • 3.想いを確実に、スムーズに伝えるために台本の構成と作り方
 お題を与えて、3〜5分以内に話をまとめる。その話を3〜5人に繰り返し話す。これを3本やり通す。

ワークショップ●チャップリン式練習法 ●他己紹介 ●1分間セールス 他

    〜聞く人につばまで湧かせる卵かけご飯練習法〜

  • 4.相手を惹きつける話し方落語から学ぶ日本語のリズムとテンポ
  • 5.日本語最大の魅力「オノマトペ」を使いこなす臨場感とその応用
  • 6.スピード感を出して魅了する早口とスピード感の大きな違い
 台本を作り、自分が好きな食べ物を詳細に、臨場感たっぷりに話す

ワークショップ●電子メトロノーム ●卵かけご飯練習法 他

 

第3回 ビジュアルで互いの共感を生みだす

 

 

    〜映画を見た気になってしまう3分間名画解説〜

  • 7.ビジュアル・プレゼンテーション紙芝居で学ぶ相手の惹きつけ方
  • 8.相手の心に記憶させる映画で使われているキービジュアルとは
  • 9.共感を生み出すスライドの作り方画面構成・フォント・切替効果
 自分が好きな映画に関してストーリーはもちろんのこと、俳優や時代背景なども含めて解説をする

ワークショップ●名画解説 ●紙芝居の実演 他

    〜落語家がやっている観客の心を開く方法〜

  • 10.アイスブレイクこうすれば、聞き手を笑わせることができる!
  • 11.日本文化に根付いた仕草と所作オーバージェスチャーは要らない
  • 12.緊張したらどうする?失敗したらどうする?トラブルへの対応
 相手に応じて、オープニングトークを変える。入って行き方を考えてみる。

ワークショップ●お笑いネタ ●プレゼンの稽古方法 他

第5回 事例発表と講評

当日までに稽古を積んで、事例発表を行い、フィードバックを行います。

 

※一部、内容が変更になることがあります。

お申し込みはこちらから

 

受講者の声

いつもPPTを立ち上げ、考えながらやっていましたが、先日のプレゼンで始めて台本を作りました。
スライドは前回のモノを手直しでしたが、当日はかなり余裕をもってしゃべる事ができました。
なかなか1ビジュアル、1メッセージができませんで、今日の学びを生かし、
もっと理論的にプレゼンを組み立てたいとおもいます。
いつかは自分が見て目指す、新潟朱鷺市でのプレゼンに近づけるように日々、実践して行きます!!
また、教えてくださいね。
(つくぼ商工会 指導員 原地慶充様)

私がこれまで見てきたプレゼンと違い、松本さんの指導は本当に画像からピタッとはまっていて、
その言葉をよりぐっと心に近づけてくれる魅力があります!
言葉だけではない感情を伝えるんだ!というところがとても伝わってきて、
これまでの認識が変わるくらいの衝撃でした。 (伊藤様)

 

実際の講座風景

これまでに経営者、ビジネスマン、学生など男女を問わず、多くの方が楽しく受講されています。

講座風景講座風景講座風景講座風景講座風景講座風景

 

講座詳細

大阪日程
2013年7月13日(土曜日)7月27日(土曜日)8月24日(土曜日)
東京日程
2013年7月20日(土曜日)8月3日(土曜日)8月31日(土曜日)
会場
大阪市内・東京区内の研修施設 ※お申し込み下さった方に、場所をご案内します
受講料
198,000円(税込み) ※分割払い(3回払い)に対応いたします
時間
全3回コース:10時〜17時(お昼休憩12:00〜13:00)×3回
定員
大阪・東京とも10名前後
欠席の場合
講義録CDと当日配付資料を郵送いたします。

お申し込みはこちらから

講師プロフィール

私たちには想いを伝えて、夢を叶える力が備わっている!

松本賢一

セミナー、プレゼンテーション講師・社会人落語家・心理カウンセラー

1998年よりホームページ制作に携わる。
日本ひもの産業の秋武政道氏にダイレクト・レスポンス・マーケティングを師事。
マーケティング漬けの毎日を過ごし、異業種におけるマーケティングの実践事例を数多く見てきた。
さらに300社以上から相談を受けてきた経験と、10年間の演劇活動を経て、現在、
年間に100本近いセミナー・講演会をこなす。
また六代桂文枝から「八軒家けん市」の芸名を授かり社会人落語家として高座に上がる日々。

八軒家けん市の高座風景以前から「日本人は自己表現が下手」ということに疑問を感じ、
紙芝居には1200年、落語には300年の歴史があるところから、
日本語の持つ力に注目した「魔法の表現力講座」を考案。
日本語にしかない「言い換え表現」「リズム」「テンポ」
「オノマトペ」「和語・大和言葉」「呼吸の間」などを研究し、
それらをホームページやスピーチ、講演に応用。

プレゼンテーションの個別指導や企業や各種団体での
「人を惹きつける話し方講座」などを担当するようになり、「講師の講師」とも呼ばれている。

八軒家けん市落語体験

●お名前
○フリガナ
○会社名
○ご住所
郵便番号 例)123-5678
都道府県
市区郡以降
例)○○市△△町1-2-3
建物名など
●お電話番号 例)03-1234-5678
もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
●メールアドレス 例)mailadress**@***.ne.jp
半角英数字でご記入ください。
メールアドレスの間違いでご連絡できないことがあります。
送信する際には、よくご確認ください。
 
●会場 大阪  東京

◆問診票
お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

○どんなことでお困りでしょうか?
話をするのが苦手  考えていることが相手に伝わらない
何を伝えたらいいのかが分からない どうしても緊張してしまう
失敗するのが怖い 練習方法が分からない
誰かに見てほしい・指導してほしい スライドの作り方が分からない
その他
○今まで人前でお話をされたことはありますか?
ある  ない
もしある場合は、その時期と簡単な内容
○講座で習得したい具体的なスキルなどはございますか?

お困りのこと、お悩みのこと、どんな些細なことでも構いません。お力になりたいと考えていますので、どうぞ率直にお書きください。プライバシーはお守りいたします。

このページのトップへ
ホームページ制作 大阪
 Copyright (C) 2000-2016 Netcradle, Co,Ltd. All rights reserved.
プレゼンテーション 話し方 大阪
-- ネットクレードル --