100%成功する話し方とプレゼンのノウハウ

問題の提示

Posted By: 松本賢一
問題の提示

あるセミナーで私は冒頭に「ネットショップのみならず、企業のホームページには語るべき物語が必要である」と伝えて、メインテーマの「人々に物語を」というメッセージを紹介しました。紹介した後、なぜそのメッセージが必要なのか、という聞き手を納得させるための信憑性のある材料が必要になります。

聞き手を納得させる素材、それらは4つに分類できます。

・ 自身の体験談
・ 客観的なデータ
・ 第三者のエピソード
・ 映画や小説、本などからの引用

この時に、私は「客観的なデータ」を用いました。「高度情報化社会」と言われている世の中で、いったいどれだけの情報量が世界中を飛び交っているのか。多くの人が、感覚では分かっていても、漠然としか理解していない事柄に対して、客観的な数値を元に明確にするのが目的です。

ここでは、2009年のデータを元に、「2011年にインターネット上を流れるデータ量は1800エクサバイトでに達する」としたスライドを見せました。しかし、この時点で受け手はまだ、「よく分からないけど、とにかく膨大なデータ量なんだな」としか分かりません。

ここから、さらにデータをかみ砕いていく必要があります。

魔法の表現力講座TheDVDえ!?見るだけでうまくなる!?そんなDVDがこの価格で!?

 

「自分たちの場合、どのような課題や問題点を提示すれば、相手は納得してもらえるのだろう?」とお考えの方へ。プレゼンテーションと話し方についてのご相談は、こちらから承ります。 必ず、御社の売上アップ・営業力強化に役立つことをお約束します。
以下のフォームの必要事項をご記入後に送信してください。●は必須項目です。

●お名前
○フリガナ
○会社名
○ご住所
郵便番号 例)123-5678
都道府県
市区郡以降
例)○○市△△町1-2-3
建物名など
●お電話番号 例)03-1234-5678
もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
●メールアドレス 例)mailadress**@***.ne.jp
半角英数字でご記入ください。
メールアドレスの間違いでご連絡できないことがあります。
送信する際には、よくご確認ください。
 
◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

○どんなことでお困りでしょうか?
話をするのが苦手  考えていることが相手に伝わらない
何を伝えたらいいのかが分からない どうしても緊張してしまう
失敗するのが怖い 練習方法が分からない
誰かに見てほしい・指導してほしい スライドの作り方が分からない
講師を探している 
その他
○今まで人前でお話をされたことはありますか?
ある  ない
もしある場合は、その時期と簡単な内容
●具体的なご相談内容

お困りのこと、お悩みのこと、どんな些細なことでも構いません。お力になりたいと考えていますので、どうぞ率直にお書きください。プライバシーはお守りいたします。

このページのトップへ
このページのトップへ
ホームページ制作 大阪
 Copyright (C) 2000-2016 Netcradle, Co,Ltd. All rights reserved.
プレゼンテーション 話し方 大阪
-- ネットクレードル --