100%成功する話し方とプレゼンのノウハウ

ゴールを設定してから始めよう

Posted By: 松本賢一
ゴールを設定してから始めよう

結論を先に持ってくるためには次の2つのことを念頭におく必要があります。

・ プレゼンテーションのゴールを設定し
・ その設定したゴールを受け手側にどの時点で知らせるか

このゴールを設定することには、2つのメリットがあります。1つめは、聞き手に安心感を与えること。プレゼンテーションはプレゼンターと受け手側との共同作業です。決して、プレゼンターだけのものではありません。聞き手側はプレゼンターの言葉を一つ一つ、頭の中で想像しながら聞いています。

そのため、「このプレゼンテーションでは何を伝えたいのか」「どこに向かって行きたいのか」、そのことをプレゼンターは誰よりも明確にしておく必要があります。ゴールを設定しないプレゼンテーションは、聞き手側からすれば「このプレゼンターは何を伝えたいのだろう?」と疑心暗鬼になります。

以前、8人のスピーカーが20分ずつそれぞれの分野について話をするというセミナーに行きました。スピーカーにとっての20分は非常に短い時間ですので、話の内容を絞って伝えなければなりません。もっとも興味を惹いたスピーカーの方は、自己紹介もそこそこにして、今日お伝えしたいことを早めの段階で明確にしていました。こうなると、聞く側も安心して聞けます。さらにどのように話を展開していくのか、その部分でも興味をそそります。

その反面、聞くのが辛かった人たちの共通点は、「自己紹介が長い」「何を伝えたいのかが曖昧」という2点でした。与えられた時間が20分しかないのに、10分近く自己紹介をする人。始まってから15分を過ぎて、「今日、お伝えしたいことは・・・」なんて言い出す人・・・。それぞれの分野で活躍されている方たちのお話しでしたので、内容そのものは非常によかったのですが、その分、余計に伝え方や構成の拙さが目立ってしまうことになっていました。

伝えたいことを早めの段階で明確にしないことは地図のない航海と同じで、聞き手からするといったいどこへ連れて行かれるのかが分からないままの状態です。これではプレゼンターの話の世界に入っていくことはできません。 ゴールを設定するもう1つのメリットは、台本が書きやすくなると言うことです。

スティーブン・スピルバーグ監督は、ラストシーンからイメージして映画を製作します。そのため、スピルバーグ監督は映画監督の中でも、驚異的な早撮りをする方として有名です。ラストを考えておけば、そこへ至るまでのプロセスを考えればいいということになり、非常に思考がスッキリします。またプレゼンテーションの場合、極端な例ですが、途中の伝え方がイマイチだったとしても、ラストの締めがしっかりとしていれば、満足してもらえる可能性が高くなります。

魔法の表現力講座TheDVDえ!?見るだけでうまくなる!?そんなDVDがこの価格で!?

 

「相手の望んでいるゴールを考えるためにはどうすればいいだろう?」とお悩みの方へ。プレゼンテーションと話し方についてのご相談は、こちらから承ります。 必ず、御社の売上アップ・営業力強化に役立つことをお約束します。
以下のフォームの必要事項をご記入後に送信してください。●は必須項目です。

●お名前
○フリガナ
○会社名
○ご住所
郵便番号 例)123-5678
都道府県
市区郡以降
例)○○市△△町1-2-3
建物名など
●お電話番号 例)03-1234-5678
もっとも連絡のつきやすい番号をご記入ください。
携帯やPHSのお電話番号でも構いません。
●メールアドレス 例)mailadress**@***.ne.jp
半角英数字でご記入ください。
メールアドレスの間違いでご連絡できないことがあります。
送信する際には、よくご確認ください。
 
◆問診票

お手数ですが、以下の項目のあてはまるものにチェック、または入力をしてください。
答えられる範囲で構いません。

○どんなことでお困りでしょうか?
話をするのが苦手  考えていることが相手に伝わらない
何を伝えたらいいのかが分からない どうしても緊張してしまう
失敗するのが怖い 練習方法が分からない
誰かに見てほしい・指導してほしい スライドの作り方が分からない
講師を探している 
その他
○今まで人前でお話をされたことはありますか?
ある  ない
もしある場合は、その時期と簡単な内容
●具体的なご相談内容

お困りのこと、お悩みのこと、どんな些細なことでも構いません。お力になりたいと考えていますので、どうぞ率直にお書きください。プライバシーはお守りいたします。

このページのトップへ
ホームページ制作 大阪
 Copyright (C) 2000-2016 Netcradle, Co,Ltd. All rights reserved.
プレゼンテーション 話し方 大阪
-- ネットクレードル --